社会保険労務士試験合格率

まずはこのデーターをご覧下さい。

年度 受験者数 合格者数 合格率(%)
平成20年度 47,568 3,574 7.5
平成19年度 45,221 4,801 10.6
平成18年度 46,016 4,286 9.3
平成17年度 48,120 3,925 8.2
平成16年度 51,493 4,850 9.4
平成15年度 51,689 4,770 9.2
平成14年度 46,713 4,337 9.3
平成13年度 43,301 3,774 8.7
平成12年度 40,703 3,483 8.6
平成11年度 35,894 2,827 7.9
平成10年度 30,816 2,327 7.6

ここ10年の社労士の合格率は約8~9%とほぼ横ばいとなっております。
合格率からみれば行政書士より高いのですが、難易度は社労士の方が高いと言えます。 行政書士は、学生やテスト受験の方も多いのですが、社労士は受験資格も設けられ、 受験者の本気度もかなり高くしっかりと勉強をしてきている方が多いのが特徴です。

合格基準も各科目最低ラインが設けられていますが、毎年救済措置が取られていて、 突然最低ラインが低くなることもあります。例えば平成20年度の試験では合格点が 3点のところ健康封建法は1点、厚生年金保険法・国民年金法は2点と言う感じに 変更になります。ですので、合否は運にも左右されることがあります。

試験の科目も今までほとんど触れないような専門的な分野や科目数の多さから勉強時間も 最低800時間以上は必要とされています。そして難易度が高い分、緻密な受験対策が 必要となり独学だけで対応するのは、困難な資格でもあります。 独学で受験することも可能ですが、10年以上かけてやっと合格できたと言う人もいるくらいですから、出来るだけ通学や通信を利用して、合格する為のノウハウを学んでください。
又派遣や年金などの問題により法改正が進められ、社労士の仕事は需要が高く是非獲得したい資格でもあります。
>>合格率を極限まで上げる行政書士と社労士の勉強法?