行政書士の試験内容

行政書士の試験内容は以下の通りになります。
  • 受験資格
    年齢、学歴、国籍等に関係なく、だれでも受験することができます。
  • 試験日
    例年11月の第2日曜日 午後1時~4時
  • 試験科目
    法令科目:憲法、行政法(行政法の一般的な法理論、行政手続法、行政不服審査法、行政事件訴訟法、国家賠償法及び地方自治法を中心とする。)、民法、商法及び基礎法学の中からそれぞれ出題。 一般知識:政治・経済・社会、情報通信・個人情報保護、文章理解。
  • 平成20年度試験配分
    試験科目 出題形式 出題数 満点
    法令等 択一式 5肢択一式 40問 160点
    多肢選択式 3問 24点
    記述式 3問 60点
    46問 244点
    一般知識等 択一式 5肢択一式 14問 56点
    合計 60問 300点
  • 問題別配点
    択一式  5肢択一式 1問につき4点
    多肢選択式 1問につき8点 空欄(ア~エ) 一つにつき2点
    記述式 1問につき20点
  • 合格基準
    次の要件のいずれも満たした者を合格とする。
    行政書士の業務に関し必要な法令等科目の得点が、122点以上である者(50%以上)。
    行政書士の業務に関連する一般知識等科目の得点が、24点以上である者(40%以上)。
    試験全体の得点が、180点以上である者(60%以上)。
  • ポイント
    このデーターを見てわかるように2科目とも最低点数が設けられており、合計点数が高くても 一方の科目の点数が合格点に達しなければ不合格と言う厳しい試験内容になります。

    法令も一般知識も幅広い分野から出題されるので、全科目完璧に勉強していたら、合格するのに何年何十年とかかってしまいます。そこで行政書士に合格する為のポイントは満点を目指さないことです。合格点にギリギリ達するような出題範囲を想定した勉強方法が必要になります。

    その為には過去問を徹底的に分析し問題傾向・レベルを把握し、捨てるところは捨て出題率が 高かそうな問題を重点的に勉強する事が大切です。特に一般知識は出題範囲が広いので効率的な勉強法を学ぶことからはじめてください。どうしても難しい場合は通信や通学を利用し 合格のノウハウを学ぶのも一つの手だと思います。
>>合格率を極限まで上げる行政書士と社労士の勉強法?